自伐型林業について

研修について

自伐型林業の特徴は、チェーンソー(伐倒用)、3トンクラスのミニバックホー(作業道敷設用)、林内作業車(木材搬出用)、軽トラックor2トントラック(搬出・運搬)程度の機材があれば、誰もが始められるところにあります。
そして、持続的な収益を確保しながら環境保全型の林業を続けるためには、技術向上や経営力をつける現場研修や学習が必要です。

自伐型林業が各地で展開できるように、当協会では研修を企画し、講師を派遣しています。(講師リストはこちら

講習・研修メニュー

チェーンソー・伐木・造材

chain

チェーンソーの安全な扱い方だけでなく、搬出のしやすさを考えた伐倒の仕方、収入を上げる造材方法、持続的な山林を作り出す選木など、山林・木材の価値を上げる自伐型ならではの研修です。

搬出

p3050344

軽架線(ワイヤー)と林内作業車のウインチを利用した搬出で伐った木を搬出します。

路線設計(踏査)

tousa

山を実際に歩き、作業道を通すべき場所を見つける路線設計(踏査)をします。

作業道敷設

image-6

バックホーを使い、山に作業道を敷設していきます。その時の作業道は、幅2.5メートル以下、切り高1.4メートル以下におさえる「壊れない道づくり」を作ります。

経営相談

img_0447

地形や山林面積、樹種など個別の状況にあわせた持続的な経営計画を立てるサポートをします。

フォーラム

img_0295

自伐型林業の展開によってどのような地域が生まれ、人材が育っていくかを移住者や農業者、Uターン向けなど、ターゲットに分けて登壇者を決めてオリジナルの企画をしていきます。

参考1(自治体):「新たな林業就業者の創出に向けて」自伐型林業フォーラムin長浜市

http://jibatsukyo.com/info/event/nagahama1

参考2(自治体研修):長浜市の研修会がスタート(その1・チェーンソー講習編)

http://jibatsukyo.com/info/news/150725_nagahama

サイト内検索

新着情報