イベント

「みんなで考えよう『ふくおかの森林』2月5日福岡講演

イベント
LINEで送る
Pocket

 2月5日に福岡県で講演会が開催され、自伐協代表の中嶋健造が講演いたします。後半にはパネルディスカッションも用意されています。九州近郊の方はぜひ来場下さい。

<以下、主催者HPより(肩書のみ加筆)>

 福岡県では、平成20年度より「福岡県森林環境税(以下、森林環境税)」を導入し、長年手入れが行われずに荒廃した森林の再生を進めてきました。

 森林環境税の導入から平成29年度で10年目を迎えるにあたり、これまでの取り組みの報告と今後の「ふくおかの森林」について、参加者の皆さんと一緒に考えるため、本シンポジウムを開催します。

1 日時:平成29年2月5日(日曜日) 13時00分から16時00分 (開場:12時30分)
2 場所:FFGホール(福岡市中央区天神2-13-1 福岡銀行本店ビル地下)
3 定員:650名(先着順、要事前申込)
4 内容
1)基調講演 
 テーマ「真の森林・林業再生と中山間地域再生のカギ『自伐型林業』
 講師:中嶋 健造 氏(NPO法人土佐の森・救援隊理事長/自伐型林業推進協会代表理事)
2)福岡県森林づくり活動公募事業の取り組み事例の発表 
 ・糸島木の駅プロジェクト実行委員会
 ・特定非営利活動法人北九州ビオトープ・ネットワーク研究会
 ・NPO法人がんばりよるよ星野村
3)パネルディスカッション
 テーマ 「ふくおかの森林を未来へ繋ぐために」
 コーディネーター 久保田 哲也 氏 (九州大学大学院農学研究院教授)
 パネラー 中嶋 健造 氏 (NPO法人土佐の森・救援隊理事長) ほか4名                 
5 詳細・申込み方法
 以下参照
 http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/shinrinshinpo20170205.html

サイト内検索

新着情報