ニュース

鳥取県智頭町で作業道をつくる自伐型林業者との出会い

ニュース
LINEで送る
Pocket

image

鳥取県南東部の智頭町を訪問しました。当会理事の橋本光治の指導のもとで頑張っておられる久本三紀さんに会いました。

まじめにコツコツ自伐林業を徹底して進めている林業者です。ヒノキがまだ若齢林が多く、大きく儲かる状態ではないようですが、今後が楽しみな感じでした。息子さんも間もなく戻って来られるようです。

久本さんの山は、花崗岩が風化した真砂土地帯です。真砂土地帯では、「作業道は入れられない」とあきらめる声も耳にしますが、久本さんのところではきちんと自ら作業道を敷設して基盤整備に頑張っていました。「どうすれば道が敷設できるのか」と努力して考える自伐林家の特徴がよくあらわれています。

その後、同じ智頭町の自伐型林業を展開したいと考えている地域の山も見学してきました。素晴らしい杉が林立していました。すぐにでも自伐林業が成りたつような山です。あとは自伐に踏み込む勇気だけですね。

こうやって各地を回りながら自伐の波を大きくしていきたいと思います。

サイト内検索

新着情報