ニュース

奈良県吉野町が「自伐型林業推進室」を設置 移住者も募集中

ニュース
LINEで送る
Pocket

13174181_1015697128516057_761011182024166269_n

 (写真・北岡町長(奥)と清光林業の岡橋清隆氏(奥左)、自伐協代表中嶋(奥右))

日本でも有数の林業地である吉野地域(奈良県)で、自伐推進に本腰を入れる自治体が誕生しました。

その場所は奈良県吉野町。今回は自伐協メンバーが役場を訪問し、北岡町長をふくめた役場の担当者らと今後の展開について意見交換をしました。

昨年から当協会が展開を提案してきた吉野町は今年4月、「自伐型林業推進室」を立ち上げ、自伐型林業による就業づくりに着手し始めました。役場が「自伐」の担当部署をつくったのは、高知県佐川町(自伐型林業推進係)に続いて2例目です。

そして、「移住者にも林業を取り組んでもらいたい」と、都市部から移住して役場に所属しながら林業に取り組む「地域おこし協力隊」も募集をスタートしました(現在募集中!※HPでは農業担当となってるので自伐型林業推進室に問い合わせを)。 

※締めきりました

「ぜひとも若手の就業につなげたい」という担当者。今年度から、フォーラム開催で市民に呼びかけ、自伐型林業の研修を進めて技術向上や実際の森林経営の相談を進めようという話になりました。

吉野町といえば、全国に講師協力をしていただいている「清光林業」のある地でもあります。関西地区の自伐展開を牽引する地域になってもらえるよう、全力でサポートしていきたいと思います。

13151728_1015697165182720_1415850369867089690_n

役場の前を流れる吉野川

サイト内検索

新着情報