ニュース

岩手県北上市 毎度30名参加の自伐研修全5回が終了

ニュース
LINEで送る
Pocket

13418805_1021588611259888_6157734210456225362_n

岩手県北上市で6月11〜12日、自伐型林業研修会が開催され約30名の地域住民が参加しました。今回の講習内容は「作業道研修」&「経営相談」です。これで、3月から連続して行われてきた北上での自伐型林業研修がすべて終了。チェーンソー講習から始まった全5回の研修会は毎回30人程度の方々が参加され、この地域の自伐に対する関心の高さが感じられました。

この北上での研修は、自伐協のホームページに寄せられた一件のメールが発端でした。送り主は大手製紙会社の営業マン。そのメールは製紙原料の確保の悩みが綴られていたものでした。実際に話しを聞くと、全国で乱立する大規模バイオマス発電による流通の変化や大きな林業事業体の動向などに対する危機感がありました。そして、「自伐型林業で担い手をつくりながら、製紙原料の供給にもつなげられないでしょうか」と研修の企画が始まったのでした。

販売先(製紙原料向け)が確保されているのは、新たに林業を始めようとする人にとってはこの上ない恵まれたスタートです。これからさらに予算を確保して、永続的な森林経営を目指す方を輩出していきたいと思います。

13432399_1021588404593242_7727530125334602103_n

13435581_1021588537926562_8579678767635689642_n

サイト内検索

新着情報