ニュース

自伐×建築家ネットワーク稼働中

ニュース
LINEで送る
Pocket

13524424_1042989752453461_8347956835424956657_n

全国で取り組みが広がる自伐(じばつ)型林業に賛同する建築家らでつくるネットワークが動き出しています。
今週は呼びかけ人の一人でもある建築家の富永大毅さんの事務所に集まり、このネットワークならではのプロダクトや住空間の創造の可能性、そして今後の展開についてあれやこれやと意見を交わしました。

建築家の鹿内健さんは、自伐の考えと奈良県吉野の視察を通じて頭に浮かんだ「小さい」をキーワードにしたアイデアを実物の形にして持参してくれました。バイオマス利用に行きがちな劣勢木・低質材でも「価値が出る」と、みんな知恵と経験を出し合ってます。時には真剣に、時には愉快にワイワイと。木の利用にとどまらず、将来の山づくり、人づくりに直結した場に広がっていきそうです。

ところで、名前をあげた二人の建築家。どちらもこの夏に建築雑誌『JA』の「若手建築家」で取り上げられていた注目の建築家たちです。自伐の魅力をさらに広げてくれる強力な仲間が一人二人と加わってくれています。

サイト内検索

新着情報