ニュース

会員向けイベント「自伐型林業オープントークin東京」を開催しました

ニュース
LINEで送る
Pocket

本日(3月15日)は会員向けイベント「自伐型林業オープントーク」を都内で開催し、首都圏を中心に、遠くは奈良県や岐阜県から約30名の会員が集まりました。

「山林を買う時の相場はいくらぐらいですか」「山を借りる時の契約の方法はどんなものがありますか」
輪になっての合同相談会では、次々と質問が出ました。代表理事の中嶋健造や若手自伐林家の中島大輔さん(東京・青梅市)に加え、自伐協講師の一人である山口祐助さん(みなかみ町の講習帰り)と直接意見を交わす場となり、参加者と距離感の近い対話になり盛り上がりました。ちなみに今回のオープントークは3回目でしたが、今まででもっとも新規入会者の多い回となりました(本日13名入会)。

イベントの規模は大小それぞれ一長一短ありますが、小規模ならではのイベントの進め方があり、前半の講演でも疑問があったら都度質問を受け付けるスタイルで企画しました。今後も会員向けには、密度の高い集いの場をつくっていきたいです。4月から4年目となるNPO法人 自伐型林業推進協会ですが、関西、東北など、各地でも続けていけるよう計画して行きたいと思います。

<関連記事>
■質問続出の「自伐型林業オープントークin東京」は大成功 取り上げたメディアも(2015.11.5)
http://jibatsukyo.com/info/event/opentalk-2

サイト内検索

新着情報