ニュース

【映像】「里山資本主義」と自伐型林業─10月開催の「G1中国・四国2015」に登壇し意見を交わす

ニュース
LINEで送る
Pocket

image

政治経済界の著名人らが集う「G1中国・四国」が10月に開催され、当協会の中嶋健造が分科会に登壇しました。その映像がウェブサイトに公開されましたので共有します。

【日本の農業・林業はもっと稼げる】<時間:1時間16分/リンク先:グロービス

「みなさんが苦手な林業を…」との紹介から中嶋による自伐型林業の説明がありました(5分30秒ほどから)。また、12分ほどすると、パネルセッションではコーディネーターから「なぜ林業が儲からなくなったのか」と質問があり、戦後林業の歴史的経緯と自伐型林業の特徴について話しました。

必見は後半の質疑です。「里山資本主義」を特集したNHKからの大規模林業・ハゲ山皆伐肯定論に対して、「それはほんの一部ですよ」と中嶋がまったく違う視点から対論を述べています。一つ言えるのは、「山林所有者は意欲がない」(林業白書)という文脈で自伐協は活動をしていないということだと思います。

サイト内検索

新着情報