ニュース

愛媛県西予市で出会ったミカン生産と兼業の自伐型林業

ニュース
LINEで送る
Pocket

e0002820_16552833

愛媛県西予市で自伐型林業をする菊池俊一郎さんを訪ねてきました。菊池さんは、人口約4万人の西予市にある三瓶町(2004年・合併)でミカンを生産しながら、約30haの所有山林で自伐型林業を展開しています。

兼業の比率はミカン:6、林業:4とのこと。林業には自信を持っておられ、材価低迷する中でも収入は十分にある印象を受けました。

その菊池さんは、全国林業改良普及協会から出版されている『自家伐出のすすめ』にも取り上げられています。記事によると、売上から経費を差し引き純粋な手取りが113万円であったとのことです。

掲載写真は、所有山林7反(0.7ha)を自伐で間伐施業した折のものです。兼業ながら年間2〜4haの間伐を持続しているということで、収入がどれくらいか想像がつくと思います。中山間地域の生業スタイルのモデルといえるでしょう。

作業道も自ら敷設(2m前後)していますが、ユンボーは所有せず(レンタル等)、1トン積みの林内作業車だけを所有し施業しています。それでもかなりの生産性をあげている感じです。

自伐協の会員の約束もしてくれました。菊池さん今後ともよろしくお願いします。

サイト内検索

新着情報