ニュース

「PanasonicNPOサポートファンド」の助成を採択いただきました。

ニュース
LINEで送る
Pocket

2018年1月24日(水)に「PanasonicNPOサポートファンド」の贈呈式に招待され、助成通知書を受け取りました。同ファンドは、「国内で先進的な取り組みを展開するNPO」等を対象に組織基盤の強化を目的に助成されるものです。当協会は「環境分野」において採択頂きました。

ファンドを作っているパナソニック株式会社は今年で創業100年を迎える老舗企業です。「組織基盤強化の取り組みを通じて市民活動の持続的発展、社会的課題の解決促進、社会の変革に貢献」していく狙いで取り組まれています。

設立4年目を迎える当協会は、全国展開が急速に進んでいる状況で、その展開に応えるための強力な組織づくりが課題になっていました。そこで、当協会事務局は第三者の視点を借りながら、組織診断と組織強化をしていきたいと思い、この助成に申請をしていました。これから1年間かけて、パナソニック株式会社を含む関連団体の視点をもらい、全国の普及推進基盤をつくっていくことになります。

さて、選考委員会は自伐型林業の普及状況を把握された上で、「普及が急速に進み始めるこのタイミングで本助成に取り組むことは有効」と採択に至った経緯の説明がありました。

また、議連の発足や政府の施策でも位置づけられ始めた状況を踏まえて、「本助成の取り組みを通じて、こうした世間からの期待に対して十全な対応がとれ、自伐型林業を進める上で多様な支援ができる自立した団体へと成長されることを期待したい」とコメント頂きました。

限られた人数で組織を運営してきた事務局ですが、これからは改めて経営基盤をつくり、全国の自伐型林業に取り組むみなさんが活動しやすい環境をつくっていけるよう、事務局も頑張っていきたいと思います。

サイト内検索

新着情報