イベント

8月18日に宮崎県で講演会「災害に強い自伐型林業」」

イベント
LINEで送る
Pocket

各地では植林から40年を経て、伐採期を迎えたと急速に皆伐が進んでいます。
住宅街の近辺でも伐採が行われるようになりました。森林環境が激変し、災害の発生も危惧されます。自伐型林業は皆伐をするのではなく長期間、間伐を繰り返しながら山林を育てる林業です。山の価値を最大限生かす林業として日本各地で多くの価値が認められてきています。

今回、NPO法人自伐型林業推進協会 代表理事 中嶋健造氏をお招きして下記のとおり講演会・交流会を開催します。全国で始まっている自伐の動き、そして災害に強い自伐型林業の姿を詳しくお聞き下さい。講演会終了後、交流会も予定しています。ぜひ林業の交流の輪ができたら幸いです。

■日時  8月18日(土) 午後4時〜午後6時 (講演会終了後交流会)
■場所  椎葉村大河内   川の口集落
■参加費 無料 (交流会は実費)  
■協力:川の口集落の皆さん
■主催   延岡自伐型林業研究会(フェイスブック公開中)
■問合せ先  〒882−0031   延岡市中川原町3丁目60番地1
事務局 野々下博司 (090−2967−9307)

【関連記事】
■宮崎県延岡市にて連続講習「林業研修会」が開催されます。
https://jibatsukyo.com/info/event/nobeoka-training2018

サイト内検索

新着情報